今回は看護大学に行くメリットについて考察してみましたので、紹介したいと思います。


看護大学に行くメリットとは

スポンサーリンク

はじめに

看護大学とは、在学期間は基本的に4年間となります。まず、看護師になるためには、高校生時から5年間学校に行く5年一貫の高等学校専攻科や、高卒後から通う専門学校短期大学4年大学などがあります。それぞれの特徴を理解しておくことで、理想の学生生活や働き方などに繋がると思います。

①基礎や理論をしっかりと学べる環境

4年間大学に通うことになりますが、専門学校や短期大学と比べ期間が長いので、その分しっかりと学ぶことができます。

また、大学では、講義のプログラムの違いだけでなく、図書館が充実していることが多いため、その点でも勉強に力を入れることが可能となります。

講師のレベルにおいても、わざわざ大学で教えたいという方になるので、おのずと看護師・教育者としてのキャリアがある方が多いと思われます。

大学で4年間しっかり学ぶことができるというのは、看護大学がメジャーになったここ最近の話であることから、年配看護師の学生時代では体験できなかった貴重な体験になると思います。

②進路の幅が広がる

看護大学に行く大きなメリットとして以下の資格取得が可能になることがあります。

(1)看護師免許

(2)保健師免許

(3)助産師免許

(4)養護教諭免許

看護大学=看護師ではありません複数の受験資格を手に入れることができるため、看護師免許と共に、保健師も取得するということが可能になります。

つまり、病院で看護師というオーソドックスな道だけでなく、市役所や学校といった新しい道に進むことが可能になります。

看護師になるための4年間は実習があること、そして国家試験を受験するという点から、あっという間の4年間です。しかし、4年という月日は結構長いもの。一つの学校で複数の資格を取ることができれば、途中で保健師になりたいと思った時に有利です。わざわざ保健師の学校に通わなくてもいいということになります。

③給料が高い

これは言わなくても分かると思いますが、やはり大学卒というのは基本給が高くなることがほとんどです。どんどん昇格したい、より多くの給料を貰いたい、という方は大学に行くことをおすすめします。

しかし、勤め先が病院だとした場合、個人病院から地方の小さな病院大学病院公立病院クリニックと規模が様々です。本当に高い給料を貰うということを考えているのであれば、看護大学に行くことも一つの案ですが、それよりも病院選びがより重要になってきます。

特に給料が高い都市部の大きな総合病院や大学病院などは、採用人数が多く、大学卒ではなくても採用してもらうことは、決して珍しいことではありません。

④+α大学の方が楽しい

大学の方がより基礎から研究まで、しっかりと勉強できるといえるでしょう。それは、期間の差によるものが大きいです。これを別の視点から見ると、余裕があるとも言えます。実際、専門学校と比べると休みが多いと言えます。

大学では、規模が大きいということから学生の数も必然的に多くなると言えます。専門学校という小さな場所での学生生活と比べると、大学というのは友人関係の幅が広がったり、勉学以外のプライベートの部分で充実しやすい環境にあるでしょう。

この+αの部分は、何を一番の目的としているかに大きく左右されますね。私のように年齢を重ねており、資格取得のみを考えている人にとっては、学生生活の充実というのは魅力的には思えません。


以上2分で読める看護大学に行く4つのメリットでした~

 

 

 

 

Source: 脱サラナースの向こう側